FC2ブログ

ガンサンの小部屋

ガンサンの娘「na☆co」がこっそり始めたblogです(* ̄Oノ ̄*)

07月« 08月/ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月

ガンサンのかなりテキトーな略歴2

【岩田重義】
1935年滋賀県野洲郡祇王村(現:野洲市)生まれ。
京都市立美術大学日本画卒。
アトリエ座を中心に演劇活動。
ケラ美術協会結成に参加、抽象作品を発表。
朝日新人展(朝日新聞)現代絵画の動向(国立近代美術館京都分館)。
フォルム新人展(フォルム画廊)。
戦後日本画の一断面(山口県立美術館)。
1950年代の京の日本画(京都市美術館)。
‟ The CELLA “ (京都国立近代美術館)。
個展:ギャラリー16、アートデアート・ビュー、Art Stepなど多数。
作品の大半はジョン・G・パワーズ氏(ニューヨーク)などのコレクションとなる。
画文集:「古都往来」「京を描く」「わが高槻や春の風」「三方町の四季」「亀岡百景」「京を描く~その2~」(上・左記6冊とも、白川書院)、
「近江を描く」「淡海のそよ風」(左記2冊、サンライズ出版)。
絵本:「やぶいり」(原作:与謝蕪村、文:宇津木秀甫、民話ブックス社)。
作品集:「THE CATALOGUE」(龍ノ子の会)。
エッセイ集:「好きやさかい」「月は東に日は西に」(GANSANの会)。
1960年読売テレビ入社、「11PM」をはじめ多くの番組のアートデレクターやデザイナーとして活躍、1995年定年退職。
1990年より大阪芸術大学舞台芸術学科非常勤講師を13年間勤める。
現在、「月刊京都」(白川書院)に「京を描く」を40年以上連載中。

編集部Tの今月の話題

先月、『京を描く (その2)』が出版され、その常設展が決まりました。
原画は展示されておりませんが、
お近くにいらっしゃることがあれば、お気軽にお立ち寄りください。

【 岩田重義 常設展 】
会場:平安女学院サテライトスタジオ
   京都市中京区寺町通御池下ル本能寺南側
   (京都市営地下鉄東西線「京都市役所前」駅5番出口より徒歩1分)
会期:2014年8月20日(水)~未定
   平 日 13:00~17:00
   土日祝 11:00~18:30

長寿連載w
~白川書院 「月刊京都」2014年9月号より~

残暑お見舞い申し上げます。

酷暑が続くかと思えば、台風がやって来たり、
今年も大変な夏を迎えている日本ですが、
この歳になると、ダラダラしながらなんとかやり過ごしたいものです。

名古屋市美術館にて、今月の24日(日)まで開催中の【挑戦する日本画展】。
先日、倅が孫を引き連れて観に行ってくれたようです。
今度、感想を聞くのが楽しみです。

挑戦する日本画展

当ブログをご覧くださっている皆様も、
どうぞこの夏もお元気にお過ごしください。

ご来廊ありがとうございました。

過日の個展、おかげさまで盛況のうちに無事お開きを迎えることができました。

連日の暑い中、また天候の思わしくない日にも、
方々からご来廊くださった皆々様、
遅ればせながら、誠にありがとうございました。

この度もギャラリーの杉田さんご夫婦の並ならぬご尽力には
感謝の言葉が見つからないほどです。
また家族のみならず、多くの方のご協力あっての個展だと、
改めて人の有難さが身に沁みる今回の個展でした。

皆さん、ほんまおおきに!!

ちなみに、会期中の様子はツイッターにて軽くupさせて頂いております。
ご興味のある方はご確認くださいませ。
ちなみに、アカウントは【@gansan11pm】です。

残すところ、あと3日。

先週の水曜日から始まりました個展も、
時が経つのは早いもので、今日を含めてあと3日でお開きとなります。
昨日の休廊でしっかりと充電させてもらいました。
今日からまた皆さまのお越しを楽しみにお待ちしています。

さて、今週の日曜日(7月20日)には、
昨年4月の個展時に花を添えてくださったお二人の音色が楽しめる演奏会があるそうです。
『第9回 華のコンサート』、ご興味のある方は是非!
娘が毎年楽しみにしている演奏会なので、
もし今回個展期間とぶつかっていたら……
考えるだけでも恐怖です。